Mark Fell + NHK yx Koyxen “POTATO Tour in Osaka”


MUSIC EVENT

05/24/2015 (SUN)

OPEN: 16:00 - CLOSE: 22:00

PLACE :NEW OSAKA HOTEL Shinsaibashi
B1 (Main Floor) & 1F terrasse ( chill space)

ADV: 3000yen / DOOR: 3500yen (+1drink)

 ticket:

shop LOSER
http://loserstore.net/

チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1519630

mail : Info-ad@adustam-noh.jp 

 (件名:Mark Fell/NHK yx`s  POTATO Tour in Osaka 枚数、代表者名、連絡先を明記の上)

 

 

LIVE ACT

 

Mark Fell (SND/UK)

UK・シェフィールド出身のMark Fellは、Editions Mego、Raster-Noton、LINEから数多くの作品を発表し Mat SteelとのユニットSNDとしても活動するアーティスト。実験性を兼ね備えた ミニマルなグリッチ音は幾何学的に配置され、精密に制作されるそのサウンドはユニークかつ独自性の強い作品としても今、なおシーンにその存在を強く放っている。

 

NHK yx koyxen (NHK/GER,JP)

大阪とベルリンを拠点に、Diagonal、Pan、Raster-Noton、Skam、Wordsounds、Important Records等の  海外レーベルから作品発表をしているアーティスト。

コンテンポラリー、テクノ、ブレイクビーツ、ダブ等を独自に消化し、即興的で歪なポリリズムパターンを  駆使したライブセットを展開している。

 

Metome

大阪府出身のTakahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクト[Metome]
IdleMoments,INNIT,LifeForce,BRDG,2.5D,DOMMUNEなど東京、県外のイベントに出演。

エモーショナルなサウンドで人を惹き付ける才能あるミュージシャン

 

Yaporigami

電子音楽家Yu Miyashitaによるビートミュージックプロジェクト。これ迄にBRDG、Denpa、EMAF、IdleMoments、Out Of Dots、Republic、Sasakure Festival、Soundgram等の国内主要イベントに加え、Loop Festival (イギリス)、Transitio_MX (メキシコ)といった海外のフェスティバルへの出演も行っている。ミュージックビデオSyncBody(2012)、The Motion Paradox (2014)、Lilium (2015)は主に海外のメディアで取り上げられる事となり、映像作家を中心に大きな話題となる。Ancient Methods、Demdike Stare、Emptyset、Peter Rehberg等をフィーチャーしているリトアニアのオンラインジャーナルSecret Thirteenより初の日本人アーティストとして2013年にMixを公表。MixcloudのTrending ChartにてIDM / Industrial両部門で1位を記録。2014年には米Detroit UndergroundよりDrudged Torn Routineをリリース。仏SWQW MagazineのTop Albums 2014に選出される。2015年には海外の幾つかのインディペンデントレーベルよりリリースを控えている。

“私にとってPOPとは様式でも旋律でも和声でもなく、知識/技術/時間/言語の範疇を超えて否が応でも人を魅了し納得させてしまうもののことです。彼のグルーヴ、そしてノイズはPOPです。” – World’s End Girlfriend

 

Miclodiet

東京都新宿出身/sludge-tapes主宰。

2007年よりワールドワイドなエクスペリメンタル・ミュージックシーンと関わりながら、Technoise meets Industrialでオリジナリティーのあるサウンドとハードウェアオンリーの独自のスタイルで数々のライブパフォーマンスを重ねてきた。

2011年自身のレーベル、sludge-tapesの立ち上げと同時に数々の作品をリリース。2014~2015年にかけては東欧セルビアのGenesa Recordsよりヴァイナル、8曲入りEPをリリース。

現在sludge-tapesよりNew release予定。

http://sludge-tapes.com

 

Yuki Aoe (-:concep:-)

/////Live Player / Sound Composer /////

音メディアでの活動を中心としているアーティスト。 2008年、アメリカ、LAでのアイスフィギュアスケートのオリンピックでは日本代表選手の音楽監修を務め、関西国際空港ではクリック、グリッチ、ホワイトノイズなどを鏤めたミニマルなエレクロニクス楽曲が流れる。また、インディペンデント映画等の音楽を担当、国立国会図書館に納付されているドキュメントムービーの音楽も全面的に担当、ソニーミュージックエンターテイメント所属アーティスト達によるアンオフィシャルバンドへの楽曲提供、サウンド面でのプロデュースなどにも携わっている。

DOMMUNE、dublub、IdleMoments、IMMEDIATE ATTACK、尖端音楽評論家である阿木譲の現在展開している[0g -zero gauge-] 発足プロジェクト「0g updating modernism」での唯一のLIVE Actでの出演、など数々のイヴェントに参加。

作品としてレーベルコンピレーションに参加する他に、個人ではバンド形式での作品「BRAIN」(1998)、Rough Tradeなどロンドン市内、各レコードショップ限定で販売したエレクトロニクス作品、「SOUNDS FROM JAPAN」(2003)、現在はデジタルEPシリーズとしてhyAharでのリリースを行っている。また、LA在住の新鋭アーティストとのTeckno Projectも進行中。作品としてのイヴェント-:concep:-主催。

 

DJ

 

MAYUMI☆KILLER (LOSER)

世界中のレーベル事務所に直接出向き今を提供しているSELECT WEAR AND MUSIC SHOP ”LOSER” のオーナー。

大阪発電子音楽パーティIMMEDIATEATTACK! 、COME DOWN EASY PARTY主宰。

彼女自身の斬新で固定概念には捕らわれないブランド「killer」はNYから始まり、UK,ドイツ、フランスへの様々な旅で出会ったアンダーグラウンドカルチャーからのインスパイアにより構成される。

今日までに数々のt-shirts、ウエア等コラボ作品を製作。

過去にMIAMIのアーティストLa Mano Friaとのコラボレーション作品を東京アップリンクギャラリー展示、05年『Botanica All Stars Tour』EU(スペイン、ポルトガル)TOURにDJとして同行しポルトガルの美術館にて作品も展示。
06年11月ドイツのレーベルProjectmooncircle、Subversiv、Beta Bodega Coalition合同EUツアーにDjとして同行しドイツ、スイス等各地で作品も展示。
12年11月ロサンゼルスのネットラジオ局DUBLAB.COMにてANTICONレーベルオーナーと共にプレイされたDJがネット配信されたのをきっかけに現在も現地にて毎年2~3回と定期的に参加している。
長きに渡りLAの音楽シーンからの信頼も深く、現在進行形でワールドワイドに交流を広げ日本とカリフォルニアを行き来しながら、シーンの橋渡し的な存在としてボーダーレスな活動をしている。年内にはカリフォルニア、ロサンゼルスの音楽シーンに密着した10年撮り貯めて来た秘蔵の写真を一斉に集めた写真展を開催予定。15年4月にはカリフォルニア州で開催されるコーチェラ・フェスティバル内、Ace Hotel in palm springsにてDJとして選出され、ますます活動の幅を広げている。

 

INSTALLATION

 

潤inoue.

自分自身を「カエル」に喩え、あくまで ”画家” として置き、現在は台北、韓国、ここ日本とアジア各国で活動するストリート出身のアーティスト。

これまでにテイ トウワとの展示、webマガジンCllipin jamでは現代美術作家、写真家、ミュージシャンらと共に特集されている。

作品に見られるユニークさ、きめ細かなタッチ、油絵的にも見える数々の作品は、現代アート、メディアアート、シュルレアリスムアート等にも通ずる部分があるが、「視覚がもたらす残像」、「 対、人」など、その作品の根本に見えるのは具体的な個的主義表現から来るものである。

「同じ時代を生きる『人』をテーマに、体感したものを変換する」作家である。

(ご本人の展示歴はHPにてご確認下さい)

 

空間演出

 

Paravora

関西を拠点に様々なVJや映像制作を行う
枠内の表現だけに捕らわれない空間演出を提案する傍ら
自治会の上映会から子供向けワークショップなど幅広く活動する

2007年「OOIOO/OOHOHOO-OOIOO MUSIC VIDEOS」 EYE(BOREDOMS)MIX CG制作
2009年 劇団子供鉅人公演「IN THE BLACK」映像演出
2010年 柴田剛監督作品 映画「堀川中立売」CG制作
2011年「OVERDUE exhibition」インスタレーション展示
2012年 維新派「夕顔のはなしろきゆふぐれ」宣伝映像制作

2013年 abkn set Japan tour [ Aoki Takamasa,BUN,Kyoka,NHK Koyxen ] in Osaka

2014年 MarkFell/SensateFocus「crossover two patterns」空間演出

大阪寺田町で行われる。地域で興すフェス
「atelier teradacho festival」の主催に参加するなど活動を拡げる

 

Takayoshi Ikeguchi

2004年よりVJとしての活動をはじめる。
VJとしてあらゆるジャンルのイベントに出演する傍ら、ファッションショーや舞台、展示、ショップの店頭映像なども手がける。
(過去の共演アーティスト)
rei harakami, momus, Mark Fell , dave angel, suburban knight, sin bad, ken ishii, de de mouse, daishi dance, dj kyoko, 沖野 好洋, mcat, 掟 ポルシェ, 田中 知之(fpm), 夏目 ナナ

Yuki Aoe

http://yukiaoe.tumblr.com

 

SOUND SYSTEM:PA

 

yori

  

 


ご予約・お問い合わせ

Café & Bar Adustam (アダスタム)
06-6121-5559
06-6121-5556
Info-ad@adustam-noh.jp